×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


自宅学習中心で合格を勝ち取るために・・

中学受験の勉強は学校の授業で習う内容とはかなりの開きがあります。単に難しいという話ではなく授業では取り扱われないものが多く、受験専用に勉強をしていかなくてはなりません。
また受験に合わせて勉強するということは、学校の授業よりかなり先を進んでいきます。大手進学塾では6年生の7月頃までに小学生の履修範囲を全て終了し、夏期講習からは総合的な受験勉強に入っていきます。その頃、小学校の算数の教科書を見てみると・・・5年生の頃に終わっている・・しかもごく基礎的なものばかりという印象を受けるはずです。

科目別に基礎力を付けることで、進学塾に通わなくても充分に中堅校への合格力は備わりますが、やみくもに問題集ばかりを解いていては時間の無駄です。「どうしてそうなのか・・」を考えながら、着実にステップアップしていくためには、それなりの時間と根気が必要です。しかも小学生に教えるのは意外と難しいものです。よく「素人は教えない方が良い」と聞きます。”大人の解法”を用いて、考え方を教えずに「解き方」を教えてしまうからです。
また親が勉強を見ることを否定する進学塾もあります。親が教えるとどうしても感情的になり、子供が拒否反応を起こすからです。

中学受験の勉強は一種独特のものがあります。コツをしっかり捕らえて、じっくりと根気良く面倒を見ていく必要があります。

科目別学習法は左のメニューから科目を選んで下さい。

どの科目も基本事項さえ理解していれば文章題は難しくない

もちろん進学塾では、文章題は初見ですぐに解法が思い浮かぶようにパターン化し、何度も反復練習をします。しかし基本的な構造をしっかりと理解できていずに、パターンで解法を覚えている生徒は、少しひねられた基礎応用レベルとなると正答率が低くなってしまいます。
基本的な考え方を理解してさえいれば、全ての科目で文章の読解力があれば正解にたどり着けるはずです。

中学受験 スポンサーサイト



科目別学習法

  • ブログパーツ